一般財団法人 山田音楽財団

コンサート・録音 助成事業Concert / Recording support

令和2年度 コンサート・録音 助成事業について

一般財団法人山田音楽財団では、芸術文化の分野での優れた若い人材の育成・支援を行うことなどにより、我が国の音楽文化の発展に貢献することを目的としています。この目的のために、本財団ではクラシックの演奏会やCD・DVD等の録音・録画を行う方への助成を行います。

  1. 募集期間
  2. 令和元年10月25日(火)~令和2年1月25日(水) 期限内必着
    ※令和2年度の募集は締め切られました。

  3. 助成対象事業
  4. 芸術文化の分野での優れた若い人材の育成・支援を行うことなどにより、我が国の音楽文化の発展に寄与することを目的として、次に掲げる事業で令和2年4月1日から令和3年3月31日までに行われるもの。
    対象はおおむね15歳から40歳までを目安とします。

    次の(1)と(2)をあわせて5事業程度に助成します。
    (1) クラシックの演奏会
    (2) CDやDVD等の録音・録画
    ただし、同一事業主体が(1)及び(2)をほぼ同時に行う場合は、あわせて一事業と考えます。

  5. 助成額
  6. (1) 一事業について10万円とします。
    (2) 他の団体等からも助成を受けることはかまいません。ただし、他の団体等の冠演奏会を行う場合には、本財団からの助成の対象となりません。

  7. 助成金の交付
  8. (1) 結果については採否に関わらず通知します(令和2年3月上旬予定)。
    (2) 助成金交付者には、助成金交付通知書(様式第4号)を交付します。
    (3) 助成金交付者の名称、対象事業の内容等は、当財団のホームページ等で公表します。
    (4) 助成金は、助成決定後、原則として事業の開始までに交付するものとし、交付の日時は代表理事が指定します。

  9. 事業実施報告
  10. 助成金の交付決定を受けた者は、当該事業の終了した日から起算して30日以内に実績報告書(様式第5号)に事業報告書(様式第6号)、収支決算書(様式第7号)及び参考資料を添えて提出してください。

  11. その他
  12. (1) 助成対象事業と異なる場合、申請書に不備がある場合、申請期限をすぎた場合は受付ができませんので、ご注意ください。
    (2) 申請書は返却いたしません。
    (3) 助成事業の実施に当たっては、当該事業が当財団の助成事業であることを演奏会等のパンフレットやプログラムなど、あるいは録音したCD等の附属パンフレットや説明書などに明示してください。
    (4) 演奏会への助成の場合、開催に当たり、開催会場座席数の6割以上の集客が達成できるように努力をお願いします。
    (5) 当財団から活動状況等の報告を求められた場合はご協力をお願いします。
    (6) 選考経過及び選考結果についてのお問い合わせには応じられません。

  13. 申請書の提出先、問い合わせ先
  14. 一般財団法人 山田音楽財団
    《応募先》
    〒104-0061
    東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビル7F bizcube
    電話 03-6311-8792 午前9時から午後5時 (土日祝日は休み)
    FAX 03-6311-8793
    お問い合わせはこちら
    《個人情報について》
    提出された個人情報は、選考の実施に必要な範囲に限り使用させていただくとともに、法令の定めるところに従い適正な取り扱いを行います。

助成金交付規定についてはこちら
山田音楽財団 助成金交付規程 コンサート・録音.pdf